警備員の仕事、一生懸命がんばります。


by exrotikf5c

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 大学生の就職率は2年連続で低下し、前年同期を3.9ポイント下回る91.8%となったことが、文部科学、厚生労働両省の調査で21日分かった。1996年度の調査開始以来、過去最悪だった99年度の91.1%に次いで低い記録。下げ幅はこれまでで最も大きかった。
 文科省が調査した高校生の就職内定率も2年連続で低下し、前年同期比1.6ポイント減の91.6%。同省は「世界同時不況の影響で、採用を絞った企業が多かった」と分析した。
 両省は全国の大学や短大などから2009年度の卒業生6250人を抽出。就職希望者のうち4月1日現在で就職していた割合を集計した。 

【関連ニュース】
高校生の就職内定率90.2%=採用厳しく8.6%断念
大学生向け緊急就職面接会=卒業シーズンに初開催
大卒内定率、過去最悪の80%=高卒は81%、下げ幅最大-2月時点
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%
就職内定、大卒73%、高卒68%=悪化幅は過去最大

<強盗>スタンガン使い8万円奪う 名古屋・まんが喫茶店(毎日新聞)
供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出―愛知県警(時事通信)
<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)
パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)
[PR]
by exrotikf5c | 2010-05-28 23:32
 「だめんず・うぉ〜か〜」で知られる、漫画家の倉田真由美さん(38)が、映画プロデューサーの夫・叶井俊太郎さん(42)とともに、叶井さんの前妻から損害賠償を求めて訴訟を起こされていたことが分かった。20日発売の「週刊文春」が報じているもの。昨年11月、叶井さんの前妻Aさん(42)が「不倫により精神的苦痛を受けた」として、叶井さんに1500万円、倉田さんに500万円の損害賠償を求めて提訴。裁判は現在も続いている。

 同誌によると、Aさんは、借金を抱えた叶井さんから形式的な離婚を迫られて応じた後、叶井さんと倉田さんの交際を知ったという。当時、叶井さんが知人に送ったという「(倉田さんと)結婚するつもりで中出ししたからさ」とのメール内容も明らかにしている。

 倉田さんは、スポーツ報知の取材に「係争中なので詳細は話せませんが、全面否認の方向で、真実は裁判の中で明らかにしていきます」とコメントした。

 昨年7月、バツ3で600人斬りという大性豪キャラの叶井さんと倉田さんの交際と妊娠が発覚して話題に。その後2人は入籍し、倉田さんは前夫との間の息子と、昨年11月に生まれた女児とともに暮らしている。

 【関連記事】
倉田真由美さんらのNHK経営委新任を提示
“だめんず”くらたま夫・叶井氏の映画配給会社が破産
大手上向くも、くらたま夫らの独立系は危機…映画概況
くらたまさん女児出産 第2子、2600グラム

国会改革法案 与党が提出へ 官僚答弁を制限(産経新聞)
医療安全共同行動、「医療人全体の運動」に(医療介護CBニュース)
「お経を上げるため」奈良・東大寺の法具盗む(読売新聞)
「あかつき」あす打ち上げ 宇宙ヨット「イカロス」も金星へ(産経新聞)
被災地支援に一括交付金=制度化へ調整―中井防災相(時事通信)
[PR]
by exrotikf5c | 2010-05-20 16:10
 政府は10日午前、沖縄県の普天間飛行場移設問題に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、政府案について詰めの調整に入った。

 鳩山首相と平野官房長官、北沢防衛相、岡田外相、前原沖縄相が出席した。

 政府案は、移設先と沖縄の負担軽減策を組み合わせた「パッケージ」で示される方向だ。移設案に関しては、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正した杭打ち桟橋方式の滑走路を造り、併せてヘリコプター部隊の一部を鹿児島県・徳之島に移駐することが軸。これに加え、普天間飛行場や米軍嘉手納基地でのヘリや航空機の訓練を徳之島空港や全国の米軍、自衛隊基地に分散させることも検討している。

 負担軽減策は、沖縄県が政府に要望している〈1〉漁業に支障をきたしている沖縄本島東側の米軍訓練水域「ホテル・ホテル区域」の一部解除や訓練期間の縮小〈2〉鳥島・久米島の射爆撃場返還――などが盛り込まれる方向だ。

 政府は週内にワシントンで開かれる日米実務者協議でこうした案を提示する一方、沖縄側には17日以降で調整中の首相の再訪問時に仲井真弘多知事らに説明する。米側との交渉で一定の合意ができれば、首相が繰り返してきた「5月末決着」としたい考えだ。「決着」期限について、平野長官は関係閣僚会議に先立つ記者会見で、「決着の仕方はいろいろある」と語った。

 首相は10日朝、首相公邸前で記者団に、閣内から5月末決着にこだわる必要はないとの意見が相次いでいることについて、「5月末は、私が国民に申し上げているから変えるつもりはない。みんなで『これで、いこう』という方向を必ず出したい」と強調した。

 一方、連立与党を組む社民党の山内徳信参院議員(沖縄県出身)は関係閣僚会議開催に合わせ、首相官邸前で街頭演説を行い、杭打ち桟橋方式案などへの批判を展開した。その後、同党の服部良一衆院議員も県外移設を求める演説を行った。

日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
<横須賀男性遺体>死亡後にカード 複数回使われる(毎日新聞)
殴打後ひきずった跡=自宅周辺に血の付いた足跡も−私立校教諭殺害・宮城県警(時事通信)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
強盗 1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
[PR]
by exrotikf5c | 2010-05-13 04:02